冷え性とアルコールについて

///

///

冷え性とアルコール

冷え性とアルコールについての総合サイトです

アルコールは健康のために控えた方が良いとされますが、適量なら「百薬の長」としていろいろな良い効果をもたらすとされます。

冷え性にもアルコールは効果的とされ、日本では古来より風邪を引いた時に玉子酒が飲まれてきました。

アルコールは量を守れば動脈硬化や心臓病予防に役立ち、ストレス解消にも有効です。

冷え性に良いとされるのも、アルコールが血行を良くし、毛細血管を広げてくれる作用を持っているからでしょう。

そして、冷え性改善に重要な体温の上昇を促進してくれるので、体の冷えを取るにはアルコールは高い結果が得られます。

ただし、アルコールならどれでもいいという訳ではありません。

ビールなどは体を冷やしてしまうので避けておきます。

冷え性改善には、熱燗にした日本酒や焼酎のお湯割り、赤ワインなどが最適です。

日本酒は入浴剤代わりにお風呂に入れると、体を芯から温めてくれるますから、お酒が苦手ならこの方法を試してみるのも良いでしょう。

ワイン好きな方には、体中がぽかぽかするホットワインもおすすめです。

冷え性にはアルコールが効くとしていても、飲みすぎは肝臓を始めとする内蔵に負担を掛けますし、むくみも心配です。

あくまで適量を守って楽しく飲むことが重要なのです。

冷え性には、アルコールを利用して改善に努めてはいかがでしょうか。