冷え性と肥満について

///

///

冷え性と肥満

冷え性と肥満についての総合サイトです

冷え性と肥満にはどのような関係があるのでしょう。

肥満の方の体内環境は、基礎代謝が落ちて脂肪燃焼も上手く行かず、食べ過ぎや運動不足によって余分な栄養がどんどん溜まっている状態です。

また、冷え性になると身体の代謝機能が低下して、脂肪が燃える効率が悪くなります。

研究によると、1度体温が下がると、基礎代謝は1割ほど落ち込むと考えられ、冷えやすい方はそうでない方よりも脂肪が使われず、太りやすいことが分かるでしょう。

実際に、冷え性の方には太っている場合が多いようです。

脂肪は筋肉内でエネルギーとして使われる大切な栄養分ですが、体が冷えることで脂肪が十分に燃えず、体温も上がらないとされます。

肥満で問題となることにむくみがあります。

むくみは美容上、避けたいものであり、ひどい場合はセルライトも起こしてデコボコの肌になってしまいます。

冷え性から肥満になって、むくみやセルライトで悩むことの無いよう、対策を考えてみませんか。

冷えないような服装や、体を温める食事や入浴はもちろん、肥満解消のために積極的に運動を行うのも良い方法です。

血行が良くなると、冷え性にも肥満、むくみなどに高い効果があることからも、体を動かして脂肪が燃えやすい体内環境へと整えましょう。