隠れ冷え性とはについて

///

///

隠れ冷え性とは

隠れ冷え性とはについての総合サイトです

冷え性だと思っていなくても、体が冷えやすい「隠れ冷え性」というものがあるのをご存知でしょうか。

冷え性の一般的な症状は、手足やお腹、腰の冷え、肩こり、頭痛、睡眠不足に異もたれなどがあります。

しかし、冷え性でも隠れ冷え性になると、これらの良く知られる症状がなく、まったく自覚がない場合もあるとされます。

では、その隠れ冷え性のチェックを行い、確かめてみましょう。

顔に注目すると、顔色がさえなかったり、そばかすやしみが多く、肌トラブルに困っていませんか。

体がむくんだり、下半身が太りやすい、色白である。

それから、話し方や動作がゆっくりで、話声が小さいのも隠れ冷え性の方の特徴とされます。

また、トイレの回数はどうでしょう。

1日2〜3回で平気ではありませんか。

これらの項目で思い当たる節がいくつもあるなら、冷え性であるといえるでしょう。

隠れ冷え性は冷えていることに対する自覚がありません。

その為、冷え性対策が不十分になってしまい、大きなトラブルを引き起こすことになりかねず、自分は冷え性ではないと思い込むのは良くないでしょう。

普段から体調管理に気を配り、冷え性対策に早めに取り組めば若々しい体を保持でき、健康な生活を送ることに役立ちます。