高齢者の冷え性について

///

///

高齢者の冷え性

高齢者の冷え性についての総合サイトです

人は年を取ると身体機能が衰え、冷え性になる方が非常に多くなるとされます。

冷え性に悩む高齢者は65歳以上では6割とされ、75歳以上になると実に8割の方に起こるようです。

高齢になると血液の循環も、新陳代謝、脂肪燃焼など、多くの機能が低下していくので、体が冷えやすくなるのは仕方のないことです。

それでも、冷え性対策をしっかり行えば、関節の痛みに手足のしびれ、腰の痛みに脱力感などを始め、冷えによる問題は低減して快適に過ごせるようになるでしょう。

また、高齢者は体温も下がりがちです。

体温を保つ働きも少なくなるため、保温性の高い服装やエアコンなどを上手に利用すると安心です。

冷え解消には体を動かすのも大切で、散歩や高齢者でも間単に出来るように工夫されたストレッチを行うのも良い方法となります。

それから、高齢者は高血圧や動脈硬化、糖尿病、腎障害といった持病を持っている場合が多く、冷え性だと病の症状を重くする可能性がありますから、体温に注意する必要があります。

顔色が悪かったり、動きが緩慢で上手く話せないといった状態になったら体温を測り、低体温症を起こしていないか確認します。

冷え性は高齢者にとって命取りになる危険もあり、部屋の温度などの注意は忘れてはなりません。

冷え性を予防して、高齢者の方が安心して暮らせるように気を配りましょう。