夏場の冷え性について

///

///

夏場の冷え性

夏場の冷え性についての総合サイトです

冷え性は寒い時期に起こりやすいものと考えられていますが、最近では季節に関係なく悩む方が多いようです。

冷え性は体が冷えやすい冬や晩秋などによく聞かれます。

しかし、夏でもクーラーによって体が冷えてしまうことが多く、真夏にも上着が手放せない場合もあります。

今の住環境や会社などは空調が整っているのは良いのですが、必要以上にクーラーを効かせ、夏場でも冷え性になってしまうようです。

冷え性は冷房病を発症させるとして注目されており、クーラーのある便利な生活が体調を崩す原因となることからも、部屋の冷やしすぎには注意が必要でしょう。

また、暑いからといって冷たい物を摂り過ぎるのも問題です。

冷たい物を摂ると確かに涼しさは感じますが、体が胃から冷たくなって、冷え性を起こしてしまいます。

それに、クーラーや冷たい物で涼を取っていると、人が本来持っている発汗による体温調整機能が衰え、汗をかきにくい体質になってしまうという悪影響があります。

更に、気温が高い夏場は基礎代謝が下がります。

涼しい部屋から暑い外気に触れると温度変化に対応しきれないとされ、冷え性によるダメージを予防する為にもクーラーの温度設定は控えめにし、靴下を履いて冷え防止をすると良いでしょう。