冷え性とタバコについて

///

///

冷え性とタバコ

冷え性とタバコについての総合サイトです

冷え性を予防する為、体を温める食材や保温性の良い服装をし、規則正しい生活を送っているのに、冷えがなかなか改善しないことがあります。

その場合、タバコはどうでしょうか。

冷え性対策をしていても、タバコを吸うと努力も無駄になってしまうことがあります。

タバコは健康に非常に大きいダメージを与え、禁煙するのが望ましいと言われてかなり経ちますね。

タバコが健康に悪いのは、肺がんや動脈硬化などの重篤な病気を招くからですが、冷え性にも影響を及ぼすとされています。

タバコを吸うとニコチンが自律神経に作用し、血管を収縮することで血液循環が妨げられ、体温が低下して手足が冷たくなります。

筋肉も固くなり、首や肩も凝りやすいでしょう。

基礎代謝も下げますから、喫煙を続けるのは問題がありすぎます。

また、冷え性がホルモンバランスの崩れから起こっている場合、バランスの崩れを加速させる原因のひとつがニコチンとされます。

タバコは「百害あって一利なし」とよく言われるように、冷え性にも悪いのです。

体の冷えが気になるならば、是非禁煙しましょう。

ストレス解消の目的でタバコを吸うのも健康的な対処法とは決して言えません。

冷え性改善や健康維持の為にも、タバコは止めましょう。